↓ラジオショッピングの↓
タマゴサミン【初回半額以下】
オトクな通販サイト

膝,軟骨,炎症,痛い,タマゴサミン
飲んでいます♪(母が)

膝軟骨の炎症 痛い原因を知りましょう

膝,軟骨,炎症,痛い,タマゴサミン

 

お年を召された方の中には、少し歩いただけで膝が痛む人が多いと思います。

 

歳をとったからと諦めているかもしれません。

 

もう一度、なぜ痛いのかおさらいをしましょう。ここでは、変形性膝関節症のお話しをします。

 

痛みが起こる原因は、まず膝関節の中にあって潤滑油の役割をする関節液が加齢などで減少します。

 

そうすると、膝の軟骨同士が当たって磨り減っていきます。この軟骨は1度磨り減ると再生しません。元に戻らないのです。

 

軟骨は2種類に分けられます。硝子(しょうし)軟骨と線維軟骨です。このうち、関節部分を覆っている硝子軟骨に再生能力がないのです。

 

再生されない理由として、軟骨にはほとんど血管が通っていないので栄養分が運ばれにくくなっています。

 

そのため、一度傷が付くと再生しないで磨り減る一方となります。

 

膝の軟骨が磨り減ると、関節のクッション性がなくなってきます。

 

そうすると膝の衝撃を緩和できないので、痛みが出てきます。症状として腫れや水腫(水が溜まる)、ロッキング現象(膝が伸びなくなる)などがあります。

 

場合によっては、磨り減った軟骨の1部が欠けて関節内に残ってしまい、炎症を引き起こします。

 

また、膝を使いすぎても関節周辺の筋肉や靭帯が炎症を起こします。そのままにしておくと軟骨が磨り減って変形を起こし、痛みとなります。これが変形性膝関節症です。

 

こうなる前にまず予防です。膝の軟骨を磨り減らさないように心がけて下さい。残念ですが、加齢による関節液の減少は仕方ありません。

 

そこで予防は筋肉量を増やす、肥満の解消、となります。膝をしっかり支えるためには、ある程度筋肉が付いていないといけません。肥満体も膝の軟骨に負担をかけます。予防はこの2点を解決することに尽きます。以下を実施して下さい。

 

  1. ウォーキングや多少の筋トレなど、全身運動をして下さい。膝周辺の筋肉量を増やすのです。
  2. 適正な体重にして下さい。人は膝に、歩く時は体重の2〜3倍、階段では5倍近くの負担がかかります。肥満体ではそれだけで膝を痛めます。BMIで20〜24くらいに収まるようにして下さい。
  3. バランスの良い食事を摂ってください。これは2で述べた肥満防止にもなります。また、食事で軟骨に良い成分のグルコサミンやコラーゲン、ヒアルロン酸などをたくさん摂取しましょう。ただ、食物だけでは効果があるほどの量を摂れません。そこで、サプリメントの使用も良いでしょう。容量を守って適切に使用してください。

 

膝,軟骨,炎症,痛い,タマゴサミン

 

サプリメントはタマゴサミンがおすすめです。

 

 

まず痛い原因をよく知って、これ以上悪化しない生活や行動などの対策を考えることが大事です。

 

どれか自分にあった方法を試して下さい。これからずっと膝痛で過ごしていくのは嫌ですよね。痛みから解放されて、いつまでも若々しくあり続けて下さい。