↓ラジオショッピングの↓
タマゴサミン【初回半額】
公式通販サイト

タマゴサミン,通販,膝,軟骨
飲んでいます♪(母が)

膝の軟骨がすり減る原因とは?

年齢を重ねるとよく聞く、膝の痛み。私の祖母も膝が痛くて充分に膝が曲がらず、正座が出来ません。多くの方がこの痛みに悩まされていると思います。では痛みの原因は何なのでしょうか。詳しく調べてみましたので、ご紹介します。

 

膝の痛みの大きな原因は、膝軟骨のすり減りです。

 

軟骨は90%以上が水分で出てきており、普通の骨とは全くの別物で、硝子軟骨と線維軟骨に分けられます。

 

膝軟骨は硝子軟骨です。

 

硝子軟骨はクッション性と耐久性に優れており、水分を含んだスポンジのようなもの。その能力のおかげで関節への衝撃を吸収したり、骨と骨の摩擦を防ぐのです。

 

しかし、一度すり減ってしまうと二度と再生しません。なぜかというと、軟骨には血管がほとんど通っておらず、栄養素が運ばれにくく再生機能が働かないのです。

 

車のタイヤと似たような感覚で捕らえてみてください。70年80年とずっと同じ関節を使い続けていると、不具合が出てくるのは仕方がないこと。

 

生まれたときは膝の骨を綺麗に覆っていた軟骨も年齢と共に変化し、すり減り、強度も低下するなど様々に変化します。それらにより軟骨がすり減り、骨同士が触れてしまうことによりって痛みが出てくるのです。

 

傷ついた部分の軟骨は、硝子軟骨から繊維軟骨へと変わり、線維軟骨はクッション性などが劣っているので、余計に痛みが伴い、後に変形性膝関節症という病気の原因にもなっています。

 

他にも膝軟骨損傷といって、膝の軟骨を損傷し、スムーズに動かせていた関節が動かせず、衝撃も吸収できずに直に骨や神経に伝わるため、痛みが生じてしまう病気もあります。

 

また、膝の軟骨がすり減る原因は、肥満や外傷、膝の酷使、また立ち方も関係しています。特に肥満の方は変形性膝関節に要注意です。またO脚の方も注意ですよ。立ち姿をぜひ鏡で見てみてくださいね。

 

ある説では、軟骨がすり減る原因として運動不足と高血糖の可能性が挙げられています。膝だけでなくどの関節にもコラーゲンが含まれており、血液から酸素とたんぱく質を受け取りクッション性を保っているのです。

 

軟骨のクッション性を作るには充分なたんぱく質やビタミンCが必要なのに、運動不足が原因で血行が悪くなるとコラーゲンを作ることができなくなり、徐々に軟骨は乾いて硬くなってしまいます。

 

それが少しずつ剥離するようになり、そのかけらが関節の滑膜に当たって炎症し激痛が走ります。

 

さらに高血圧の方は、血管や軟骨や骨や皮膚などのコラーゲンの弾力性を失わせてしまう原因にもなっているのです。

 

以上のように、膝の軟骨のすり減りには様々な原因があります。今、膝の痛みを抱えている方は、加齢のせいにするだけではなく、きちんと原因を見つけてみてはいかがでしょうか。原因を解明すれば、適切な治療法に辿り着くはずです。この記事が少しでもお役に立てれば嬉しいです。

↓売れている軟骨サプリ↓

タマゴサミン【初回半額】
公式通販サイト