↓ラジオショッピングの↓
タマゴサミン【初回半額】
公式通販サイト

タマゴサミン,通販,膝,軟骨,治療
飲んでいます♪(母が)

膝の軟骨のすり減りを放置しないで。治療にはどんな方法がある?

「立ち上がるときに痛い」「正座が痛くてできない」「階段の上り降りに痛みが走り、一段一段が辛い」

 

膝が痛いと、日常生活にとても不便を感じているのではないでしょうか。私の祖母も80を過ぎ、膝の痛みに悩まされ病院に通っています。

 

膝の痛みは軟骨のすり減りが原因ですが、病院へ行かず放置しているとご自身も辛いでしょうし、最終的には歩けなくなってしまうかもしれません。そうならないためにも、痛みを感じたら速やかに整形外科へ受診していただきたいです。

 

しかし、「どんな治療をするのだろう?」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。あらかじめ治療法を知っておくことで不安も少ないですし、自分が今どのような状態なのかも改めて確認できるはずです。代表的な治療法をいくつかご紹介させていただきますね。

 

まずは薬での治療です。鎮痛剤などの内服薬・湿布・塗り薬・座薬など、炎症を抑え痛みを和らげるものを処方されます。市販のものより病院で処方される薬の方が強かったりするので、痛みへの効果が期待できるでしょう。

 

次は注射です。こちらは膝関節部分に直接注射します。ヒアルロン酸は関節注射液の主成分であり、年齢とともに減少してしまいます。

 

ヒアルロン酸を直接膝に注射することで、関節の動きを良くしたり、炎症の抑制、軟骨の摩耗の抑制に効果を発揮します。通常週1回を5週ほど続けて行います。

 

効果があれば段々と関節の動きが良くなり、生活の質も良くなることでしょう。ステロイドの注射もありますが、こちらは痛み止めになります。

 

しかし痛み止めなので一時的な可能性も否めません。よって私はヒアルロン酸の注射をおすすめします。

 

装具療法といって、足や靴に装具やインソールを装着する方法もあります。補装具を装着することにより、体重のかかる位置を変えて膝の関節を守る働きをします。

 

市販のものより、オーダーメイドで自分に合った物を装着した方がより効果を発揮すると思うので、ぜひお医者さんやメーカーの方に相談してみてください。

 

上記の治療で改善しない場合には手術が必要です。症状よって様々な術法がありますが、膝の軟骨のすり減りで歩行困難なほどの重度の場合は、人工膝関節置換術を行います。

 

自分の関節を取り外し、金属やプラスチックなどでできた人工関節と交換するのです。人工関節によって、膝の曲げ伸ばしや歩行が楽になるでしょう。

 

以上のように様々な治療法があります。根気の要る治療になるかもしれませんが、膝の痛みを改善することにより、今後の人生へのハリが生まれるはずです。

 

ぜひ病院へ行ってお医者さんと良く相談し、ご自分に合った治療法を見つけていってくださいね。

↓売れている軟骨サプリ↓

タマゴサミン【初回半額】
公式通販サイト